Service 臨床研究支援業務


臨床研究法が施行され臨床研究の実施基準(患者さん保護・モニタリング)も
厳しくなりました。治験被験者エントリー推進・業務効率化をシステムで支援します。


臨床研究への参加を希望される患者さんに研究情報を分かりやすく提供致します

カルーと協業で患者さんに正しい臨床試験情報を提供しています。
(少施設多症例・研究推進のお手伝い)


実績として

カルーは病気で悩んでいる月間800万の患者様がアクセスしてくる日本最大の病院口コミ検索サイトです。このビジネスは当社設立以前の2013年からスタートし当社が引き継いでいます。これまで多数の治験の症例エントリーで活用されてまいりました。会社スタートから既に複数のプロジェクトがスタートしています。患者様のサイトへの誘導計画とエントリーしやすい画面設計をプロトコルを理解した医師の方、治験の経験者にお手伝いいただいています。


臨床研究業務のCRB・モニタリング業務を効率化したい。業務負担を軽減したい。

電子カルテ開発会社と組んで様々なシステムによるシステムソリューションを請け負っています。

insert_drive_file臨床研究PAD
臨床研究支援システム
報告書記載、モニタリング負担削減
insert_drive_fileCRB PAD
認証倫理委員会事務局支援システム
審査前の資料確認を効率化、審査当日時間短縮

臨床研究の現場運用ニーズに基づき作業・費用・時間を軽減します


実績として

厳格な臨床研究法が2018年に施行されました。これにより申請治験なみの現場対応が必要になりました。当社の支援システムは設立以前の2015年から開発され実績をあげてきました。「CRB支援システムも稼働が始まりました。また臨床研究PADもプロセス管理が厳しくなった治験施設等での活用が検討されています。当社では臨床試験の現場での様々なニーズに基づく支援システムの開発を経験されてきた医療システムに熟知されたエンジニア、電子カルテ関連企業様と連携しています。